ブログトップへ

2011年8月アーカイブ

ピアノの練習  指使い

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

今日もお天気ですね。

川上先生のセミナーからエチュードについて

書いてきましたが、生徒さんから『ある部分だけ

いくら練習しても弾けない』と言われました。

 

その部分を弾いてもらいましたが、『指使い』に

問題があることがわかりました。

『指使い』は結構重要です。

といっても、楽譜によって書いている番号は違い

ます。

自分がどの『指使い』なら弾きやすいかを試して

決めて置くことが重要です。

さちピアノを弾く.jpg

 

原田 典子

つづきを読む

ピアノ練習方法~川上昌裕セミナーよりその③~

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

今日も天気がいい。

そして。室伏選手金メダルおめでとう!

 

さて、昨日は毎日の練習スケジュールを作ると

書きましたが、次は練習メニューについてです。

 

③練習メニュー

毎回毎回同じ練習をしていても上達しているか

どうかわりにくいと思います。

なので、得られた結果に基づいて練習メニューを

替えていくことが必要です。

たとえば、ハノンを楽譜とおりに弾いた。次は全部

スタッカートで弾いてみるなどです。

 

練習パターンを替えていくことで色々な発見がありますよ。

あきることも少なくなると思いますしね。

 

原田典子

つづきを読む

ピアノ練習方法 ~川上昌裕氏セミナよりその②~

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

②毎日の練習スケジュールを作る

 

短時間で効果的に練習するために、

スケジュールを作ります。

それによって、ダラダラと練習する事

なく集中して練習することができます。

 

チェック アンド フォローをしていきましょう。

 

 

原田典子

 

 

つづきを読む

ピアノ練習方法 ~川上昌裕氏のセミナーより

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

今日もいい天気で気持ちのよい朝です。

さて、先日ブログに書いた川上昌裕氏のレクチャーからひとつずつ

ご紹介していこうと思います。

 

①エチュード

自分にあったエチュードを持つ。

川上氏はハノンを毎日1番から60番まで頭を使って練習したそうです。

しかし、ハノンが必ずしも有効であるとはおっしゃてはおらず、自分に

あったエチュードを見つけそして、頭を使って練習することが何よりも

大切だと言うことでした。

 

 私もその意見には賛成で、時間をかけただけでは上達はしません。

今、演奏している曲のどの部分が弾きづらいのかなど考えそのために

どんな練習をするのかを考えていくこれが必要であると思います。

 

ハノンも抜粋して使うなどするとよいのではないかと思います。

どの部分を抜粋するかは講師に相談するのもよいでしょう。

 

原田典子

つづきを読む

Love Letters

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

もらったわけではありません。

ジャズシンガーが好む曲のひとつ

にラブレターという歌があります。

今やラブレターなんてものが存在

するのかどうかも疑問ですが・・・

ジャズをあまり聴かないという方も

一度聴いてみてください。

おすすめです!

 

原田典子

 

 

つづきを読む

ピアニストになりませんか?

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

カーテンを開けると、青空が見えた。

"ラッキー"今日はお天気だ。

 

大阪市北区にあるジークレフ音楽教室で

『あなたも1日ピアニスト』を開催します。

レッスンは他で受けているけど、人前で

演奏する練習がしたい。

普段独学で練習しているのでお披露目

したい。などなど・・・

 人前での演奏の1回は長い時間練習を

するのに匹敵するぐらいの意味を持ちます。

是非応募ください。

詳しくは、コンサート情報をご覧ください。

 

今日1日皆様にとって素敵な1日でありますように。

 

原田典子

 

つづきを読む

ツイッター

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

ツイッターに挑戦しようと思います。

昨日登録してつぶやいてみましたが、

その後どうしたらいいのかわからず、

困っています。

便利なのか不便なのかそれさえも

わからず・・・

 

原田典子

つづきを読む

電子ピアノの日

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

 今日は神戸で電子ピアノを演奏してきます。

電子ピアノの演奏って言っても、お客様が

"電子ピアノでも本当のピアノのようだ"とか

"電子ピアノでこんな事が出来るんだ"って

思ってもらわないと演奏する意味がないのです。

 なので、ショパンのエチュードを演奏して音色を

聴いてもらうときもあれば、バッハをチャーチオ

ルガンの音色で聴いてもらうときもあります。

そして何より音楽はクラッシクだけではないので

ポップスやアニメソングの演奏と結構楽しんで

やってます。

 

 i楽譜.jpgそれでは行ってきます。

 

原田典子

つづきを読む

唐芋レアケーキ

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

私には絵心がまったくない。で写真もセンスがない。

なので、右の写真が何かはわからないと思う。

 写真の正体は、『唐芋レアケーキ』というケーキなのです。

 今日、声楽家のまきさんがお土産に持って来てくれた

のです。

 初めて食べたのですが、しっとりとしてそれでいて甘す

ぎず、とても美味しかったです。

 紫芋特有のアントシアニンを多く含むので視力回復にも

いいらしく話題になっているらしい。

 そういえば、目の疲れも取れたように思う。明日も元気

唐芋レアケーキ.jpgに頑張ろうっと!

 

 

原田典子

 

 

つづきを読む

川上昌裕ピアノレクチャー in 名古屋

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

名古屋で川上昌裕氏のピアノレクチャーを受けてきました。

川上昌裕氏は、ヴァンクライバーン国際コンクールで優勝

した、辻井伸行さんを子供のころ指導していた先生です。

 今日のレクチャーは、古典派とロマン派をモーツァルトと

ショパンを題材にした公開レッスン形式でのレクチャーと、

ピアノ上達のヒントを4つのポイントで教えていただきました。

 かなり迫力のある先生で圧倒されましたが、大変勉強

になりました。

 皆さんにお教えする際に役に立てていきたいと思います。

名古屋の栄には、大通りに面したところに観覧車がある

んですね。びっくりしました。観覧車 名古屋.jpg

 

つづきを読む

鈴虫の鳴き声を・・・

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

今日もとても暑かったですね。

南森町のピアノ教室から家へ帰る途中、鈴虫の鳴き声を聞きました。

鈴虫の声は、4000ヘルツの周波数があり癒し効果があるようです。

 都会に住んでいながら、鈴虫の声が聞けたことはとてもとてもラッキーな気がします。

明日は今日以上にいい日になりそうです。

夜景.jpg

 

 

原田 典子

つづきを読む

大人の音楽教室

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

Gclef音楽教室は、大人の方に気軽に来ていただきたいと

考えて、大阪市北区の南森町という都会の一角に作りました。

大人と言う表現がどなたのことかわかりづらいと思いますが、

社会人や主婦の方、シニアの方て感じでしょうか。

 ポピュラー、クラシック、ジャズなどご自身の好きな曲を

1曲から初めてみては如何でしょうか?

 お気軽にお問い合わせください。

 

 

原田典子

つづきを読む

いらっさいませ・・・

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

コンビニの若い店員の方の「いらっしゃいませ」が

「いらっさいませ」に聞こえるのは、私だけでしょうか?

それとも最近は「いらっさいませ」が標準なのか?

う~ん なんとも不思議な言葉だなぁ・・・

 

 秋.jpg原田典子

 

つづきを読む

オイゲン キケロ 「ロココ ジャズ」

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

i楽譜.jpgオイゲン キケロというピアニストをご存知でしょうか?

ルーマニア出身でクラシックをジャズのスタイルで演

奏するピアニストです。

ロココ時代に活躍した作曲家の作品を取り上げた

「ロココジャズ」の中のヘンデルのサラバンドを聴いて

みては如何でしょう。

ヘンデルのサラバンドは、昔の日産フーガのCMで

流れていたりと有名であるとともに色々なアレンジ

があり聞き比べてみるのも楽しいですよ。

 

原田 典子 

つづきを読む

ヴィラ=ロボス 「ブラジル風 バッハ 第4番」

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

「晩夏」というと「哀愁」を連想するのは

私だけでしょうか?

ヴィラ=ロボスの「ブラジル風 バッハ 第4番」は

濃厚な哀愁を感じる曲です。

 

ヴィラ=ロボスはブラジル出身の作曲家です。

独学で作曲を学び、クラッシックの技法にブラジル

独自の作風を取り込んだ作風で知られています・

 

週末、ちょっぴり哀愁を感じてみては如何でしょう。

 

原田典子

つづきを読む

ランゲ 「花の歌」

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

 プリザーブドフラワー.jpg今日、ボーカリストのりょうこさんが、プリザーブドフラワーを教室に持って来てくれた。

 

 お花と言えばランゲの「花の歌」を思い出す。

ランゲはドイツの作曲家でありピアニストでもある。

400曲以上の作品を生み出しそのほとんどが、サ 

ロンで弾くような小品だったようだが、優雅な音楽

が多くとても人気があったようだ。

 その中でも「花の歌」は年代を問わず現在も人気

のある曲だ。

 

 是非一度聴いてみてください。

 

原田典子

 

 

つづきを読む

音楽は"音"を"楽しむ"ものですよね

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

こんにちは。

「初心者でピアノを習いに教室に行きたいのだけれど、

楽譜が読めないんです」と、お問い合わせがあります。

 

でも、楽譜が読めなくても歌なら歌えたりしますよね。

 

なので、楽譜を覚えて弾くよりも先に、ピアノを弾いてから

楽譜を確認するように、Gclef音楽教室ではレッスンをしています。

 

 で、レッスンで弾く曲は生徒の皆さんが知っている曲から始めます。

歌える(鼻歌でもいいですよ)曲なら、弾けますから。指1本で・・・

  一緒に音楽を楽しみましょう。

 

原田典子

つづきを読む

チケット制と月謝割引

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

料金体制のご質問がありましたので、

お知らせしたいと思います。

 Gclef音楽教室のピアノコースは、

30分¥3,000. 45分¥4,500で

月に1回のレッスンからお受付しています。

 

そしてこの度、チケット制と月謝割引を新設します。

 

つづきを読む

無料体験レッスン

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

Gclef音楽教室では、未経験の方や

少しだけアリの方でも安心していただ

けるために、30分の無料体験レッスン

を実施しています。

 ご希望の日時をお問い合わせメールか

お電話をください。

 アットホームな音楽教室ですのでお気軽にお越し

ください。

 

原田典子

つづきを読む

ピアノの練習

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

今日もとても暑かったですね。

 さて、ピアノの練習ですがなかなか思うように出来ないなんて

思うことありませんか?

 特に始めたばかりの楽器・・・

 練習方法や早く上達する方法など、たくさんの著書が出ていて

共感するところも多くあります。ただもっと単純にできないものかと

考えています。

 初心者の方へ。

 まずは自分の知っている曲から始めましょう。クラッシクでなくても

歌謡曲や童謡など何でもかまいません。

 その曲をピアノやキーボードで弾いて見てください。

触った音から初めて見ましょう。きっと弾けますよ。

 どんな事でも、まず慣れることが大切です。

是非お試しを・・・

 

原田 典子

 

 

 

つづきを読む

初心者の方へ

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

 今日もとても暑かったですね。

Gclef音楽教室は、特に初心者の方に来ていただきたいと考えています。

子供のころ習ったけどすぐに辞めてしまった、レッスンに行ってみたけど他の人が上手くて尻込みしてしまった、

一度ピアノを弾いてみたいなど・・・

 さあ一緒に楽しみましょう。

 

 

原田典子

つづきを読む

ショパン ピアノ協奏曲第1番

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

ショパンピアノ協奏曲第1番を聴いた事ありますか?

 

ピアノソロに入ったところ(4分40秒頃)、【北の宿から】にそっくりですよ。

 

一度聴いてみてください。

つづきを読む

洵日新、日日新、又日新

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

「まことにひにあらたに、ひびにあらたに、またひにあらたなり」

今日の行いは昨日より新しくなり、明日の行いは今日よりも新しく

なるように修養に心がけないとならない。

 この言葉は、四書五経の「大学」の出典のことばであるが

サラリーマン生活にピリオドを打った時に、会社の偉い方が

額に入れて下さった。

20110806080142.jpg ピアノ教室にはちょっと似合ってないのだけれど飾ってある。

 昨日の時間は取り戻せない。今を大切にしていこうと思う。

 

つづきを読む

立秋

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

卒業写真

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

今日は、電子ピアノのデモ演奏の日だった。

演奏していると小さな女の子がそばによって来てくれた。

アサカちゃんという6歳の女の子だった。

ピアノを教えてほしいというので、その場で教えてあげた。

 しばらくすると、彼女が演奏を披露してくれた。

 その曲が、ユーミンの【卒業写真】だったので驚いて

その曲を知っている理由を聞いた。

 「幼稚園の卒園式で歌うのよ」と・・・

 今の幼稚園では卒園式に【卒業写真】を歌うのかと再び驚いた。

その上、「お母さんが泣くように歌うの」とまで。

なんとも・・・

 

原田典子

つづきを読む

イタリアン・・・

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

1週間は早い。

もう土曜日だ。

今日の夕方、学生時代の友人とイタリアンをいただいた。

とっても美味しかったが少々食べ過ぎたようだ。

明日から節制しないと。

 

原田典子

つづきを読む

雨・・・

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

tc2_search_naver_jp.jpg突然の激しい雨。そして雷。

ピアノに雷が落ちたらどうしようと

真剣に考えてしまった。

昔から雷は嫌いだ。テレビや電気を消して

耳をふさいでいた。

今日もとても怖かった。

明日天気にな~れ

 

tc2_search_naver_jp.jpg原田典子

つづきを読む

ピアノ教室からの眺め

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

ショパン 雨の日の音楽

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

ベートーヴェン 交響曲第3番『エロイカ』

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

 昨日と今日の2日間、大学でテストがあった。

指揮法のテストは、オーケストラを前に自分自身で指揮をする

というものだ。

 そのテストの課題曲の中に、ベートーヴェン交響曲第三番 2楽章があった。

 フランス革命後にベートーヴェンがナポレオンを讃える曲として作曲したが、

ナポレオンが皇帝に即位したと知ると、怒りとともにこの献呈を破り、ただ単に

偉大な英雄にささげたものとしたという有名な逸話のある曲だ。

 

 

つづきを読む

蝉しぐれ

 |  コメント(0)  |  トラックバック(0)

今年の蝉開きは7月11日(月)だった。

その日はウオーミングアップのようで、すぐに鳴きやんだのだけど・・・

 そしてその蝉の鳴き声は騒音レベルになるくらいやかましいらしい。

でも『夏がきたっ!』て感じがするのでその泣き声は嫌じゃない。

まあ少し欲を言えば、『ミーンミーン』の蝉に鳴いて欲しいのだけどね。

 

原田典子

 

つづきを読む